その他の例



アメリカのデータとして、

肉用動物等の体重増加に及ぼす著しいストレスの原因として、ブラックグローブ現象と呼ばれる自然現象があります。これは、気温が25度を超えると起こるもので、これを阻止することにより以下のような効果を生み出します。

重要なのは、家畜の環境
【 例 】 牛乳生産では、10パーセントの生産量の増加
受胎率25パーセント向上
ブロイラーでは、体重当りの餌の交換率が15~40パーセント向上

 


気温上昇により、ハウス内のキノコが過乾燥状況になり、生産性が大幅に減少しています。トップヒートバリアー遮熱工法は、この過乾燥を完璧に防止する事が出来ます。更に、室内の温度差を減少する事が出来、生産性向上や省エネルギーに大きく貢献しています。

【 国内の例 】
生産向上 25%
電力削減 50%以上

 

 

温度上昇により、鶏の死亡率が増加や生産性が低下しています。トップヒートバリアーを屋根等に防工する事により、これらの問題を解決します。

【 米国の例 】
ブロイラーでは、体重当たりの餌の交換率が15%~40%向上。